気になる人気の、あの商品や、あの話を徹底調査

花丸バズプロダクト

【ペット保険】手術費用50万円を自己負担できますか?

投稿日:

ペット保険のペッツベスト
保険料と補償のバランスが最高!
とにかく一度お見積り!

猫の医療費に備える!ペット保険加入のメリット・デメリット

ペット保険に加入することで、猫が病気になったりケガをしたときの医療費に備えることができます。

 

お金のことをあまり気にせずに、動物病院で猫にしっかり治療を受けさせてあげることができるというメリットがあります。

 

ペット保険に加入するメリット

最近では、猫のためにペット保険に加入する方も増えてきました。どの会社のペット保険もメインになるのは動物病院における「通院・入院・手術」の費用の補償です。

 

ペットが病気やケガした場合に、飼い主が動物病院に支払う治療費が契約内容の範囲内で補償されます。

 

たとえば・・・

 

猫は尿に関する病気が多い動物です。

 

「膀胱炎」は高額な治療費がかかる典型的なケースです。膀胱炎で70万円近い治療費を請求された方もいます。

 

ペット保険に入っていなければ、全額自己負担になります。

 

もし70%補償のペット保険に入っていた場合

 

【治療費】70万円

 

【支払われる保険金】49万円

 

ということになり、自己負担額は21万円で済みます。

 

いかがでしょうか?

 

あなたは猫のために、ポンっと70万円払うことができますか?

 

ペット保険に加入することによって、動物病院での高額な出費に普段から備えることができるというメリットがあります。補償される病気や怪我も多くの範囲がカバーされています。

 

ペット保険に加入するデメリット

一番大きなデメリットは、ペット保険の保険料はペットが病気やケガをしない限りは、全て掛け捨てだということです。

 

そもそも保険という商品は、「経済的に助け合う相互扶助」の精神で成り立っています。

 

つまり、皆で少しずつお金を出し合い、誰かが困った状態になった時にそのお金を困っている人に支払うというシステムです。

 

自分がずっと健康でいる限りはお金を払い続けることになりますが、万が一病気やケガで働けなくなったりした場合などには、自分で貯蓄するよりも遥かに多額のお金を受け取ることができるのが「保険」という商品なのです。

 

このシステムは人間の保険でもペット保険でも同じことです。

 

猫が元気でいてくれる間は保険料は掛け捨てになります。

 

だからといって、いざというときに何十万も、あなたはポンっと払うことができますか?

 

ペットの医療費はすごく高額!

「元気で好奇心旺盛な子猫が、高いところから飛び降りて思わぬ骨折をしてしまった。」

 

「老齢の猫が慢性腎不全と診断され、継続的な治療が必要になる。」

 

人間の場合なら国民健康保険の制度で、医療費は3割負担で済みますが、猫にはそのような制度はありません。

 

全額自己負担になります。

 

これからあなたは、さまざまな理由で何回も動物病院を利用することになるでしょう。

 

ペット医療が発達した現在、その費用もどんどん高額になる傾向があります。

 

動物病院にかかる予想外の高額な出費に頭を抱えるケースも出てくるでしょう。

 

猫の一生は人間の1/4から1/5ほどの短さです。その分、年を取るのも速いです。

 

病気になる確率も高く、猫によっては2つ、3つと大きな病気にかかってしまう場合も多くあります。

 

何の病気もせずに、20年生きて老衰で亡くなったなら、それは幸せだと思います。

 

しかし、最初からそれだけに期待するのは、無責任というものではないでしょうか?

 

猫を飼う以上、「病気になっても治療しない」という選択は避けたいですよね?

 

悲しい実話

猫ががんと診断され、治療費は30万円・・・この方は、「もうこれ以上お金を払えない」と、泣く泣く猫の治療を断念したそうです。

 

さらには、高額な治療費を払うことができず、猫を捨ててしまう飼い主まで存在するのです。

 

本当に悲しい話ですが、それが現実です。

 

「なんて無責任なんだ!」と非難するだけで良いのでしょうか?

 

自分が当事者になったつもりで考えてみてください。

 

いきなり何十万という高額な治療費を請求されてしまったら・・・

 

高額な治療費と猫の命を天秤にかける・・・

 

それは本当に辛いことでしょう。

 

やはり、ペット保険に加入して、猫のために備えてあげるべきではないでしょうか?

 

大切な猫が病気になったり、ケガをしたときに、お金のことをあまり気にせずに動物病院に連れていってあげられるメリットは、本当に大きいものがあります。

 

 

ペットの治療費ってこんなに高額なの?10万、20万は当たり前

あるペット保険会社の調べでは、ペットが手術を伴う治療を受けた場合、治療費の平均は152,466円になるそうです。

 

 

15万円以上。

 

高額ですよね。

 

しかし、これはあくまでも平均値です。

 

ケースによっては、それこそ100万円に手が届こうかという、驚くほど高額な治療費を請求される場合も実際にあります。

 

実際に請求されたペットの治療費の事例

実際にかかったペットの治療費の事例をいくつか挙げてみます。

 

 

ただし、あくまでも参考例です。

 

例えば同じ骨折でも、骨折した部位、治療方法、手術・入院の有無などによってかかる治療費に大きな違いが生まれます。

 

 

これから挙げる例は、あくまでも個々のケースだということを、どうぞご理解ください。

 

※すべて70%補償のペット保険に加入していた場合に支払われる保険金です。

 

急性すい炎

 

血便と嘔吐があったので、動物病院で診察を受けたところ、急性すい炎と診断され、8日間の入院。

 

治療費 102837円
支払われた保険金 71986円
自己負担額 30851円

 

外耳炎と診断

 

耳をかゆがっていたので、動物病院に行ったところ、外耳炎と診断され、3日間の通院。

 

治療費 14511円
支払われた保険金 10158円
自己負担額 4353円

 

触診とX線検査で椎間板ヘルニア

 

突然うずくまって動かなくなってしまったので動物病院に行ったところ、触診とX線検査で椎間板ヘルニアと診断されました。手術を受け、6日間の入院と2日間の通院。

 

治療費 279000円
支払われた保険金 195300円
自己負担額 83700円

 

病理組織検査でガンと診断

 

深夜に突然嘔吐を繰り返したので動物病院に行ったところ、病理組織検査でガンと診断されました。ガンの手術と10日間の入院。

 

治療費 204015円
支払われた保険金 142811円
自己負担額 74329円

 

膝蓋骨脱臼

 

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)。猫の膝のお皿である膝蓋骨(しつがいこつ)が太ももの骨からずれてしまった状態です。

 

治療費 17500円
支払われた保険金 122500円
自己負担額 52500円

 

骨折で手術1回、7日間入院した場合の治療費の例

 

骨折は特に好奇心旺盛な子猫が自分の力をわきまえず、高いところから飛び降りてしまった時などによく起こります。

 

手術1回、7日間の入院が必要になった場合の治療費の例です。

•初診料 1,620円

•入院7日間 68,040円

•点滴 21,060円

•血液検査 12,960円

•レントゲン 11,880円

•注射料 8,640円

•麻酔 14,040円

•手術 129,600円。

治療費 267840円
支払われた保険金 187488円
自己負担額 80352円

 

乳腺腫瘍(メス猫に非常に多いがん)

 

乳腺腫瘍。特に避妊手術を行っていないメス猫に非常に多く見られるがんです。

 

治療費 72000円
支払われた保険金 50400円
自己負担額 21600円

 

異物誤飲

 

異物誤飲。猫の飼い主が時間外に動物病院に駆け込む理由のNO.1です。

 

治療費 116000円
支払われた保険金 81200円
自己負担額 34800円

 

歯周病、歯槽膿漏

 

歯周病、歯槽膿漏。放置すると口内炎に発展し、食べたくても食べられない状態に陥ってしまいます。

 

治療費 40000円
支払われた保険金 28000円
自己負担額 12000円

 

てんかん発作

 

てんかん発作。突然の全身のけいれんに見まわれます。脳の障害が原因になっていることもあり死に至る可能性もあります。

•初診料1,000円

•血液検査6,500円

•血管確保2,000円

•点滴9,000円

•吸入麻酔10,000円

•MRI50,000円

•入院3日10,500円

•注射5,000円

•内服薬3,500円

 

治療費 97500円
支払われた保険金 68250円
自己負担額 28250円

 

皮膚腫瘍

 

愛猫の体を触っていたら、異様な大きさの「シコリ」に気づき慌てて動物病院で診てもらったら皮膚腫瘍と診断されました。治療費、手術、3日間の入院が必要になったときの例です。

 

治療費 132500円
支払われた保険金 92750円
自己負担額 39750円

 

緑内障。猫の失明原因

 

緑内障。猫の失明原因の第1位の眼病です。進行していて手術、入院が必要な場合の治療費の例です。

 

治療費 169600円
支払われた保険金 118720円
自己負担額 50880円

 

膀胱炎

 

膀胱炎。猫は尿に関する病気が多い動物です。入院、手術を伴わない通院治療費だけでも高額になるケースもあります。

 

治療費 682584円
支払われた保険金 477808円
自己負担額 204776円

 

心不全

 

心不全。心不全とは、心臓のポンプとしての働きが低下して、全身の臓器に必要な血液量を送ることができなくなった状態をいいます。どうしても高額な治療費がかかってしまう病気です。

 

治療費 537318円
支払われた保険金 376122円
自己負担額 161196円

 

慢性腎不全

 

慢性腎不全。老猫の死因の第一位の猫の宿命ともいえる病気です。初めて動物病院に行った場合の治療費の例です。

•初診料 1,000円

•尿検査2回 3,000円

•血液検査 21,000円

•血管確保 2,000円

•静脈点滴5本 25,000円

•点滴薬剤5本 10,000円

•注射15回 9,000円

•4日間の入院 18,000円

•内服薬 4,900円

 

治療費 93900円
支払われた保険金 65730円
自己負担額 28170円

 

腎不全やがんといった完治が難しく対症療法になる病気は治療をずっと受け続ける必要があります。

 

腎不全の場合、1回の通院で、診察料、皮下点滴、薬で5,000~6,000円くらいかかります。

 

週に1回、1年間通院した場合の治療費は、6,000円×4回×12ヶ月で、288,000円になります。

 

ペット保険に加入していた場合

 

治療費 288000円
支払われた保険金 201600円
自己負担額 86400円

 

猫が亡くなるまで、2年、3年と通院する飼い主の方もたくさんいらっしゃいます。

60万、70万、それこそ羽が生えたようにお金が飛んでいってしまいます。

 

ペット保険を選ぶならこれ!ペッツベスト一択!

いかがでしょうか?

 

上の事例集をご覧になると、動物病院で突然、驚くほどの高額治療費を請求されるケースがあることがわかっていただけると思います。

 

ペット保険に入っていなければ全額自己負担になります。

 

保険は、病気になってしまってからでは入れません。

 

 

元気なうちから、ペット保険に加入して備えてあげなくてはならないのです。

 

重い病気を患った猫の顔を見ながら、高額な治療費と猫の命を天秤にかけるような、つらい思いはしたくないですよね?

 

ペット保険に加入していれば、いざというときの飼い主の金銭的負担が大幅に軽減されます。

 

「お金が払えないから、治療を受けさせてあげられない」という事態だけは避けたいと思い、私もペット保険に加入しています。

 

 

 

ペットも家族。無保険では不安ですよね?最善策はこれ!

 

少し前の話ですが、友人の猫が尿路結石になってしまいました。

 

 

手術・薬代・検査・通院などで、かかった治療費のトータルは50万円以上!

 

この時ばかりは「ペット保険に入ってれば良かった・・」と、なげいていました。50万円は大金です。

 

 

そんなお金、なかなかポンと出せないですよね。

 

でも、尿路結石の猫を動物病院に連れていかずに放置すると、最悪の場合、尿道がふさがって尿が全く出なくなります。

 

そうなると猫はすぐ弱ってしまい、ものすごい痛みに苦しみながら2、3日で亡くなってしまいます。

 

家族同然の猫がそんなことになったら、一生後悔してしまいます。

 

猫がかかりやすい病気は、他にもたくさんあります。

 

そのリスクに備えるために、私は保険に加入しました。

 

ちなみに私は色々なペット保険を調べて比較検討した結果、トータルで一番納得できたのがペッツベストでした。

 

いくら毎月の支払いが安くなっても、補償内容がイマイチだったら意味がありません。

 

その点、ペッツベストの補償内容に納得して加入しました。

 

選んだ主な3つのポイントが、これです。

 

•医療費の80%補償

 

•1日の限度額なし

 

•入院・通院・手術の回数制限なし

 

 

しかもペッツベストのファーストプランの年間最高補償額100万円は、ペット保険業界において堂々の第1位です。

 

みんなが選んでいる保険という意味でも安心ですよね。

 

今飼っている猫たちが老猫になって病気がちになった時に、一番手厚い補償が無理なく受けられる保険、という観点から様々なペット保険を比較検討した結果、私はペッツベストのファーストプランに加入しました。

 

ペッツベストの3つのプラン

 

ペッツベストのプランは下記の3つになります。

 

【1】ファーストプラン(病気やケガにがっちり備えるプラン)

保険金の支払割合 80%
保険期間(1年)あたりの保険金額 100万円
1回の事故(傷病)に対する保険金額 50万円
1回の事故(傷病)に対する免責金額(自己負担額) 7,500円

 

【2】ベーシックプラン(病気やケガに備えるお手頃なプランです。)

保険金の支払割合 80%
保険期間(1年)あたりの保険金額 50万円
1回の事故(傷病)に対する保険金額 25万円
1回の事故(傷病)に対する免責金額(自己負担額) 2万円

 

【3】アクシデントプラン(ケガのみの保険。病気の際には補償されません。)

保険金の支払割合 80%
保険期間(1年)あたりの保険金額 50万円
1回の事故に対する保険金額 25万円
1回の事故に対する免責金額(自己負担額) 7,500円

 

やはりファーストプランが一番手厚い補償になっています。

仮に、私の友人がファーストプランに加入していたなら・・・

 

50万円ー7,500円
=49万2,500円

49万2,500円×0.8
=39万4,000円

 

このように40万円近く補償されていたことになります。

 

 

実際の支払い事例

 

ペッツベストに加入していると、猫がケガをしたり病気になったときに、最大で動物病院で支払った治療費の80%を補償してもらえます。

 

実際にあったペッツベストにおける支払い事例です。

 

胃がん

治療費 385,900円

保険金 308,720円

自己負 担額77,180円

急性膵炎

治療費 572,457円

保険金 457,966円

自己負担額 114,491円

緑内障

治療費 508,406円

保険金 406,725円

自己負担額 101,681円

骨髄腫

治療費 454,760円

保険金 363,808円

自己負担額 90,952円

膀胱結石

治療費 372,336円

保険金 297,869円

自己負担額 74,467円

骨折

治療費 335,903円

保険金 268,723円

自己負担額 67,180円

乳腺がん

治療費 312,500円

保険金 250,000円

自己負担額 62,500円

腎不全

治療費 312,500円

保険金 250,000円

自己負担額 62,500円

前立腺がん

治療費 312,500円

保険金 250,000円

自己負担額 62,500円

 

いかがでしょうか?

 

 

動物病院での治療費は驚くほど高額になるケースが多いということが分かると思います。

 

ペットには国民健康保険の3割負担のような制度がありません。

 

 

保険に加入していなければ、動物病院でかかった治療費は飼い主の全額自己負担になります。

 

 

30万の請求が来ても、保険に入っていれば6万の支払いで済みます。

 

 

猫が病気になったときに、猫の命と治療費を天秤にかけるような辛い思いはしたくないですよね。

 

ペット保険に加入していれば、お金のことをそれほど気にせずに、猫に治療を受けさせてあげることができます。

 

 

愛猫は、かけがえのない家族です

 

愛猫も、かけがえのない家族の一員です。

 

本当に毎日毎日、癒しや楽しみや幸せを与えてくれています。

 

 

この猫と「縁」があったことに感謝もしています。

 

 

私は「猫を飼う」ということは「覚悟と責任を持つ」ということだと思っています。

 

 

猫が病気になったりケガをしたときは、必ず動物病院で治療を受けさせてあげたいと思って、保険(ペッツベスト)に加入しました。

 

 

猫が病気になってしまってからでは、ペット保険に入りたくても入ることはできません。

 

 

元気なうちから病気に備えてあげるのが愛情ではないでしょうか?

 

「備えあれば患いなし」

 

あなたとあなたの猫ちゃんが、これからも末長く楽しく健康で幸せに暮らせますように、心からお祈りいたしております。

 

ペット保険のペッツベスト
保険料と補償のバランスが最高!
とにかく一度お見積り!

-ペット

Copyright© 花丸バズプロダクト , 2018 All Rights Reserved.