気になる人気の、あの商品や、あの話を徹底調査

花丸バズプロダクト

猫の寿命を縮める食べさせてはいけない食材とは?

投稿日:

犬猫の薬はここで買えます。

え!?

その食べ物も!? 

知らないうちに猫にダメージを与えているかも?

 
死亡する危険のある物、中毒などを起こす食べ物一覧です。

 

猫はアロマオイルなど匂いだけでも身体にダメージを受けるものがあります。

 

 

【非常に危険】ネギ類(たまねぎ、長ねぎ等)

 

 

ネギ類を調理した後の調理器具を使うのも要注意 鍋料理などもダメ。

 

症状:胃腸障害、血尿、衰弱、心拍の増加

 

玉ねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドなどの成分が赤血球を破壊するため、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こします。

 

量によっては死に至る事もあります。

 

玉ねぎを煮込んだスープなど、エキスが出ているものも危険です。

 

犬より猫の方が危険度が高いので注意しましょう。

 

ねぎ類はペットに危険な食材としては有名ですが、致死量などはっきりしていない事も多いのも事実です。

 

ゆり科植物が仲間として該当します。

 

タマネギ、長ネギ、ニラ、ニンニク、エシャロット、ラッキョウなど

 

 

それぞれ毒性成分の含有量が違うため、危険度は異なりますが与えないほが無難です。

 

 

【非常に危険】コンソメ

 

 
タマネギが含まれているため 人が食べている鍋物やスープ類をあげてしまうなど危険です。

 

 

【非常に危険】チョコレート・カカオ類

 

 

 
ココアなどカカオ類がだめです

 

症状:不整脈、心拍の増加、口の渇き、過剰な活動、痙攣、発作、嘔吐など

 

カカオの成分であるデオブロミンが中枢神経を刺激する毒素となります。

 

デオブロミンとは、カカオの香り成分の1つです。

 

カカオ含有量の高いビターチョコほど犬や猫には危険となります。

 

ミルクチョコレートはカカオ含有量が低いため、症状は出にくいです。

 

約4.5キロの犬の場合、以下の容量で深刻な症状となる可能性があります。

 

ビターチョコや調理用のカカオ率の高いチョコレート:約60グラム(2オンス)

 

ミルクチョコレート:約560グラム(20オンス)

 

60グラムは小さめの板チョコ約1枚分です。小型犬や猫の場合、板チョコ1枚分で致死量になる可能性があると言うことです。

 

 

【危険】人間用の医薬品・ 栄養補助食品・ サプリメント

 

 

症状:多岐にわたる。目に見えない症状もあるため、誤飲があった場合はすぐに獣医さんに相談してみましょう。

 

鎮痛剤に含まれるアセトアミノフェンは、強い中毒を起こします。特に猫に影響が出やすく、効き目の強いタイプの錠剤1錠で致命傷となります。

 

イブプロフェンは、約4.5キロの犬の場合4錠で深刻な腎臓障害がでるという報告があります。

 

 人間用に処方されたものを獣医師の許可無く与えるのはとても危険です。

 

ASPCAの発表によると、アメリカ国内のペットの事故の第一位は人間用の医薬品によるものです。

鎮痛剤、風邪薬、抗うつ剤、栄養補助食品によるものがもっとも多いので注意しましょう。

 

 

【危険】ふどう・レーズン

 

 

 
ぶどうパンも注意されているため、避けるべき食材といえます。

 

 

 【危険】アボカド

 

 

アボカド入りのフードなども要注意です。近年犬猫への影響がわかってきたものなので注意が浸透していません。

 

症状:嘔吐、下痢を含む胃腸の炎症、死亡の恐れあり

 

これらの症状は、多量に摂取したときに発症するとされています。(種ごと1個すべて食べてしまうなど)

 

アボカドに含まれるペルジンが犬や猫には毒になります。 ペルジンは果実だけではなく、葉、種子、樹皮にも含まれています。

 

フェレット、ウサギ、鳥類、げっ歯類など、他の小動物にとっては少量でも危険です。

 

 

 

【危険/要注意】アロマオイル(エッセンシャルオイル)

 

 

猫の腎臓は人と違い解毒作用が少ない腎臓です。

 

その影響から植物の香り成分を解毒できないため急性症状や蓄積して後に症状として出ることがあるようです。

 

猫の肝臓の代謝機能が犬や人間と少し異なります。

 

肝臓の重要な働きのひとつに解毒があり、体にとって有害な物質を無害に変化させています。

 

猫の肝臓には、重要な解毒機構のひとつであるグルクロン酸抱合がないことがわかっています。

 

そのため精油や植物毒性に限らずグルクロン酸抱合で分解される薬(アスピリンなど)は少量でも中毒に陥りやすいです。

 

同様にグルクロン酸抱合の能力が弱いフェレットでも、精油の毒性がでやすいことが分かっています。

アロマオイルやエッセンシャルオイルには注意しましょう。

 

 

【危険】ナッツ類・マカデミアナッツ

 


 

症状:無気力、嘔吐、 異常な高熱、 筋硬直、ふるえ、心拍の増加

 

まだ解明されていない部分が多くありますが、レーズン、ブドウと同様に有害とされています。

 

 

【危険】アワビ、トリガイ、 サザエ、トコブシ

 

 

貝類全般注意です。

 

症状光線過敏症を発症する。毛の薄い耳に症状が現れやすく、腫れやかゆみが生じる。 場合によっては壊死する事もあります。

 

アワビを食べると耳が落ちる」という表現を聞いた事がある人も多いと思います。

主に猫がなりやすい。特に3~5月頃は貝の毒素が強いため危険です。

 

 

【危険】アルコール・カフェイン

 

 

症状:嘔吐、下痢、 中枢神経系の抑制、ふるえ、昏睡アシドーシス( 意識障害、血圧低下、痙攣、呼吸障害)など

 

 

【注意】かつおぶし・煮干し・のり・硬水ミネラルウォーター(すべてマグネシウムが多い)

 

 

猫の症状:下痢、FUS(猫泌尿器症候群)

 

人間用の鰹節には 塩分、マグネシウムが含まれています。

 

海苔と同じく、猫の場合、尿結石(ストロバイト結石)ができやすくなります。

 

少量なら問題ありませんが、大量に与えない方が無難な食材です。

 

 

【注意】シクラメン、アマリリス、チューリップ、アロエ、ヒヤシンス、水仙、紫陽花、ジャスミン、ユリ、南天

 

 

観葉植物をインテリアとして置いてあると日々の生活に緑があり潤いが出るのですが、動物にとっては危険な植物も多いのです。

 

特にシクラメン、アマリリス、チューリップ、アロエ、ヒヤシンス、水仙、紫陽花、ジャスミン、ユリ、南天といったものはガーデニングにも用いられやすいのですが、動物が口にしてしまうと中毒症状を起こしてしまうので犬や猫のそばには置かないようにしてあげましょう。

 

その他、人間の食べ物は塩分が多いので注意しましょう。

-ペット

Copyright© 花丸バズプロダクト , 2018 All Rights Reserved.